2014年04月20日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 105 $の勝ち & 映画「オリバー・ツイスト(2005)」に関して

陽気ももう夏が過ぎて秋になったね〜ウケケ~ψ(◇´*)ψ(`∇´)ψ(ψ゚ρ゚)ψウケケ
就寝時はちょっと寒く感じ毛布がなかったら風邪を引く気がします
風邪にかからないよう用心していきましょう(ι´ω`)つ彡☆キャパキャパ♪

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ここんとこ映画にハマりまくっているので映画の感想を紹介していきたいと考えています!!!!キャハハ!!彡ヾ(▽≦*)ツ...ヾ(*≧▽)ノ彡キャハハ!!

え??テメエの感想じゃないのかよ!?
なんて感想はスルーニヤリビーム!!(ノ ̄ー ̄)‥‥…━━━━━☆( ̄  ̄)………( ̄∇ ̄)ニヤッ


今日は「オリバー・ツイスト(2005)」の感想について紹介しようかと思っています!!!°゚°。。ヾ( ~▽~)ツ ワーイ♪


この映画の製作年は2005年です!!!

監督はロマン・ポランスキーで、脚本がロナルド・ハーウッドです。(≧∇≦)ъ ナイス!

この映画の主役はオリバー・ツイスト演じるバーニー・クラークです!!;;;;(;・・)ゞウーン

取り敢えず、この映画の俳優さんは、バーニー・クラーク、ハリー・イーデン、ベン・キングズレー、ジェイミー・フォアマン、エドワード・ハードウィック、マーク・ストロング〔1963年生〕、イアン・マクニース、ティモシー・ベイトソン、アラン・アームストロング、パトリック・ゴッドフリー〔男優〕って感じですね。♪ベリーベリー d(^・ェ・^)(^・ェ・^)b グットグット♪

孤児院に預けられた名前も親もないオリバー・ツイストの少年期の物語。



孤児院を追われ、物乞いに失敗し、

泥棒の仲間入りをするなど、破天荒な生き方を

経ながら遂には裕福な家庭に引き取られていく。



こんな大河ドラマのようなドラマティックな物語で

あり、個々の豊富なエピソードがあるわけだが

、盛り上がらないのはなぜなのか?それは

物語と個々のキャラクターとのつなが

りが、密接でないことに由来している。

個々人のキャラクターだけに焦点を

あてるだけではなく、物語とキャラを

見せる映画である本作が、物語を面白くするために

キャラを掘り下げて描いたり、キャラの設定を

具体的なものにしないのは、明らかな戦略ミスだった。



子供を泥棒に育てる悪党のフェイギンや、

やくざな人殺しのビル、泥棒集団のリーダー格のドジャーなど、

魅力的なキャラクターは数多いが、

それらが物語をドラマティックに結び付けてくれるので

はない。



例えば、フェイギンが単なる子悪党に

しか見えないのは、終盤で富豪に引き取られたオリバーが

牢獄に収容されたフェイギンと対面した後に

みせた”涙”の意味を観客には理解させないと思う。



やくざのビルとナンシーの関係もいまひとつピンと来ないのだが

、結局ナンシーは、オリバーを助けるために

ビルを裏切る。



だが、やはりここでも描写はいまひとつで

、ナンシーがビルを愛していて、それで

も尚オリバーを助けるためにビルを

裏切るという設定にしてくれれば面白くなった。



オリバーの先輩格にあたるドジャーなどは

、利用しようとすれば物語を面白くするために

いくらでも利用できるキャラだ。



顔もオリバーに劣らず綺麗だが、やってることは

汚いことばかり。



彼がオリバーをとことんダメにするメフィストに

なって、オリバーがふと精神的に目覚めてそこから脱出する、

というストーリーなら、どれだけ興奮で

きたろう。

ロンドンの街も人も、皆がもっと汚くて良かった。



欲望にまみれた人間の中でオリバーが

一人だけ変わっていくのなら面白いのだ。



この映画では、オリバーは受動的過ぎる。



自分で何かをしようとする意志がない。





結局ナンシーや運が味方をして富豪に

引き取られていくに過ぎない。



私が共感できないのはそこかもしれない。

悪に徹することもできない者が善に

ならんとしても魅力はない。



酸いも甘いもしってこそオリバー・ツイストの物語なので

はないのか。





●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

麻雀の役って一杯ありますよね〜ヾ州≧∇≦州ノ彡☆力" ノヽノヽノヽノヽ!!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は一盃口を説明したいと思いますヽ(^◇^*)/ ワーイ


順子(しゅんつ)というのは、それぞれ牌を1枚ずつしか使わないため、
うまく集めると同じ順子を2つ集まることがあります。


例えば筒子の123という順子(シュンツ)があったとして、
それがもうひとつ揃うという状況です。

こういった状態を一盃口(イーペーコー)といって、面前で手を作って上がれば1飜の役が付きます。

順子(シュンツ)で作る役なので平和と複合役になることが多く、
平和と合わせてイーペイコウを作ることができれば、それだけで2飜の手になります。


注意したいのは、一盃口に関係のない牌であっても、鳴くと{成立しない}}ということです。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

一盃口(出現割合:4.75%)
手牌の中で同じ順子を2種類で成立する役。
牌効率を考えながら打つと「4556」等で5を切らずに「3467」を引いてくっつけようとすると案外簡単にできたりもする。狙いに行く、というよりは視野に入れて打つといったスタンスが望ましい役だ。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じエートォ (・o・) エートォ


本日はこの辺で!
しっかし今日は何故か肩が痛い。。治ってほしいなあ。。
腹を冷やさないようにして寝ます。おやすみ〜。(T¬T)/~~~サヨナラ・・・オヤスミナサイ・・



おすすめ記事




posted by Claude at 03:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。