2014年04月19日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 177 $の勝ち & 映画「ゲド戦記」について

この秋も寒いですv(*'-'*)oォヶォヶ♪

秋と言えば秋刀魚が旬ですねミギストレート ☆(゚o゚(○=(-_-○

秋刀魚に合う食物なら炊き込みご飯だろうねΨ(´д`)Ψヶヶヶ・・・


これに軽く一杯「ひでじビール」を飲むと最高うふ♪(* ̄ー ̄)v

□■□■□■□■□■□■□■□■

ここの所映画命な感じなので映画の感想を紹介していきたいと思います!!\(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/ヤッタァー!!

は?自分の紹介文は??
って突っ込みは華麗にスルーします∩(´∀`∩) ワッショーイ ワッシ ∩( ´∀` )∩ ョーイ ワッショーイ (∩´∀`)∩


本日は「ゲド戦記」の感想ですね!(* ̄∀ ̄)ノ■☆■ヾ( ̄∀ ̄*) ノムゾォー!!


この映画の製作年は2006年です!

監督は宮崎吾朗で、脚本が宮崎吾朗と丹羽圭子です(*゚▽゚*)

この映画でメインで出てくるのは、アレン (岡田准一)とかテルー (手嶌葵)ですなんだっけ?(゚〜゚)ヾ

この映画の声優さんを列挙すると、岡田准一、手嶌葵、田中裕子、香川照之、風吹ジュン、内藤剛志、倍賞美津子、夏川結衣、小林薫、菅原文太ってな感じ。v(`皿´)ノ~'' ヤッター!!

「父は立派で、駄目なのは僕」えらいは

っきり言うね。



大変やなー。

お仕事ばっかりな父さん。

猫じゃなくて僕を抱きしめてよ母さん。



お手伝いさんの方がまだちょっとは

僕を見てくれるんだよ。









・・少年はいつの時代もナイーブ。





偉大な父親に刃向かった少年はそのお宝を

持ち出して逃走。



彼の心にはもうひとつ、自分でも往生する裏側を

持っていて恐れている(誰でもやん)、

のだが、世間の裏側もこの目で見たよ(おば

はんと老女は性格悪いねー)。



で、困ってたところを人格者に助けてもらい、

家庭的な彼の恋人にやっかいになり、

労働の厳しさや日常の平安を教えられる。





でも命を粗末にする少年には、どんな空腹時で

も出されたものが美味そうに映らない(なんじゃ、

あの色は、と思ったが、そういうことに

しよう)。



悪い敵も現れる。



でも敵には少年と同じく苦しみがあったのさ。



生い立ちに恵まれなかった(一応。

笑)少女からは、命の大切さを教えられ、

自身を怖がる孤独もわかってもらい、

ようやく、というか、知らん間に改心した彼。



でもやっぱり雇われ人より僕には父の仕事が

向いて、、そうして少年は償いの帰路に

つくのであった。







/いやーこれ監督のいいメッセージやないの、

うんうん。



ちゃうって!いくらなんでも観る側の立場を

もうちょっと考えてほしかった。



タイトル大げさ。





内容は「ハウルの動く城」のあとの「アレンの’抜ける’剣」程度。





スタジオ自振り慰、と呼ぶぞ。



売り手だけ満足ってるし。



それにあの歌詞の切り方 ♪心 を

なにー に例えようそりゃ子どもに

はその良さがわからんやろ、だからこれからは

こんな映画、夏休みに公開しないで





お子様観客可哀想でした。



いまやればいいのにね。



/あとひとつ。

本職声優陣に総入れ替え版のDVD発売、

TV放映を希望します、たのむわー(懇願)。





□■□■□■□■□■□■□■□■

麻雀の役って一杯ありますよね〜。ワーイ\(゚▽゚=))/…\((=゚▽゚)/ワーイ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は役牌に焦点を当てたいと思います。_( ̄▽ ̄)ノ彡☆ばんばん!


場風牌(東一局の東、南二局の南)、
自風牌(東か家の東、北家の北)、三元牌(白發中)の刻子(こうつ)・槓子(カンツ)を作ることで成立する役。

自風牌・場風牌が一致する場合(ダブ東・ダブ南)は二翻役として連風牌と表記する時もあるんです。


ドラを除いた正規役の中では唯一、一度の和了で複数個成立する可能性のある役です[壁]_・)チラッ。。。。。。。゙(ノ・_・)ノスタスタッ。。。。。コケッ!ミ(o_ _)oヾ(*^▽゚) byebye!

このため、ネット麻雀では成立した数を翻数として「翻牌  2翻」のようにまとめて表示することが多い。


役牌をポンしてこの役を確定させることを「特急券を得る」と表現することがある。

これは、この役さえ成立させてしまえば残りの手牌はどんな面子構成であれ和了れるからです。


……尤も、こういった早仕掛け早和了りを嫌う方もいるから、
ある程度空気を読むことも必要であると言えるでしょう(@Д@; アセアセ・・・

ドラが役牌であった場合は、成立させるだけで30符4翻(7700点)以上を確定させる。


上がることができれば一気に試合のアドバンテージを握ることができるでしょうヾ(●´▽`●)ノ彡☆勹"ノヽノヽノヽノヽノヽ

この役を複合させることができる役は多く、
チャンタや対々和、混一色などのアクセントにもなる。

また、幺九牌(1・9・字牌)の刻子は中張牌(2〜8)の刻子(コウツ)よりも符点が高いため、
地味に打点を高くすることもできる
(鳴いた際はそれほど大きな差はないのだが)。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


dora麻雀での場代について?

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

役牌(出現割合:40.0%)
今流行(?)の早上がりのスタンスでは、一番に鳴くのがこの役牌。
鳴いた瞬間に1役確定するのは上がり重視の観点からしても大きく、DORA麻雀で人気のある東風戦での戦いの中では一番世話になる役だ。もちろんドラが役牌の場合はすぐに飛びつくことで序盤から他家にプレッシャーをかけながら優位に卓を進めることもできる。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じウーン (Θ_Θ;)



DORA麻雀のブログ

今から14時間後には待ちに待った高校3年生の友だちとの麻雀だよ♪
早く来ないかな_(⌒▽⌒)ノ彡☆ばんばん!



おすすめ記事




posted by Claude at 06:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。