2014年04月07日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 54 $の負け & 映画「スチュアート・リトル」について

今朝の朝6生ワイド 今日の占いでは最高の運勢でしたから、
今日は新たなことに挑戦してみようかな?
近頃、柔道を慣習にしようかと思案してるんですが中々始めれてなかったんだよね《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ〜
しかし、始めるとなるとなんだかんだと買いに行かないと駄目なんだよな。。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
あ〜、やりたくなくなる〜〜〜〜〜(ノ≧ρ≦)ノいやじゃぁぁぁぁ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

映画って本当に面白いですよね〜
・・・という訳で映画の感想を紹介したいと燃えておりますヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪ヾ(_ _)ノ モヒトツヾ= ̄∇ ̄)ノ バンザーイ♪
と言ってもyahooレビューに載ってる感想ですがヽ(▽^〃ヽ)ヽ(〃^▽^〃)ノ(ノ〃^▽)ノ ワーイワーイワーイ♪


今回は「スチュアート・リトル」の感想を紹介したいと思っていますブワッハハ!(▼▽▼)人(▼▽▼)ブワッハハ!!


この映画の製作年は1999年です!!!!

監督はロブ・ミンコフで、脚本がM・ナイト・シャマランです!ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

この映画のメインは何と言っても!!!ジョナサン・リップニッキー (ジョージ・リトル)とジーナ・デイビス (ミセス・リトル)です!!"ノ(-________-;)ウゥーム・・・

吹き替えなのでマイケルの声を聴けなかったのは

残念。



中途半端なSFで、動物と会話できるのは

良いとして、全体的に設定が甘く、

感情移入できない。



ねずみだけが人間と会話できるのも最後まで

府に落ちない。



子供向けのファミリー作品なので、

細かい突っ込みするのはどうかと思うが

、大人が一人で観るには厳しい。



猫と鼠も状況によっては仲良くできる可能性が

あるということでしょうか。

確かに他動物同士が仲良く寝ているシーンや共棲しているシーンを

TVで放送してたりしていますよね。





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね〜。ウキャキャ♪ヽ┤゚◇゚ ├ノヽ┤ ゚◇゚├ノ ウキャキャ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は三暗刻に焦点を当てたいと思います。v(=∩_∩=) ブイブイ!!


二翻役。時折勘違いされちゃうが無関係の面子を1つだけ鳴いても成立するんですね。


読んで字のごとく、暗刻(アンコ)(ポンしてない3枚組)または槓子(カンコ)を合わせて3つ集めると成立します役。

上位役に四暗刻(すーあんこ)があり、これのツモ和了を諦めてロンした際などで見る場合が多い。

難易度自体は高めで、単独で狙う際は少ない。

なぜなら、三暗刻確定している状態から、あと1・2枚入るだけで四暗刻(スーアンコー)の聴牌に化けるのです。


冒頭にも書いたが、一応は門前(メンゼン)でなくても成り立つ。

鳴きがポン・ミンカンの時は対々和が複合することになりますが、
手の中で3つの暗刻(アンコ)と雀頭を揃える必要があり、
シャボ待ちの場合は自摸らなければ成り立たない。


刻子が多いから、符の計算が平和(ピンフ)系の手に比べて難しい。

普通40符以上になりますから、4ハンあればマンガンに届くo(*'▽'*)/☆゚'・:*☆ふわぁーい


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の場代

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三暗刻(出現割合:0.76%)
暗刻を3つ用意する。対々和や役牌を狙おうと考え、他家が捨てるのを待っている間にできあがるというのが面白い役。基本的に対々和と絡むので、自然と手が満貫以上になりやすい。四暗刻テンパイの場合、ロンあがりでできるケースもかなり多い。とは言え比較的に狙いに行く役でも無いので手牌と相談しながら打ちまわそう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。σ( ̄、 ̄=)ンート・・・


明日はついに待ちに待った面白い懇親会です。
楽しみだ(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!

DORA麻雀の評判は?




おすすめ記事




posted by Claude at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。