2014年04月05日

映画「ダージリン急行」について & DORA麻雀の役「大三元」

よし!!スポーツの秋ということで、
何か競技を始めることにしましょうかね(・◇・)ゞリョウカイッ

どんな競技がいいかな〜?(;~〓~) アセアセ
やはり手軽にできるものと駄目ですからね
いや〜体力を使うやつだと続きませんからねヾ(@^▽^@)ノわはは

考えておこうヘ(~∇~*ヘ)))))... ...(((((ノ*~∇~)ノウヒョヒョヒョ♪

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

映画って本当に面白いですよね〜
そう思うたびに映画の感想を紹介したいと考えています!!(o^-^o) ウフッ
ってyahooレビューですが(V0ノV*)オーホホッ


今回は「ダージリン急行」の感想について紹介しようかと思っています!川 ̄ー ̄)ロンゲニヤリ


この映画の製作年は2007年です。

監督はウェス・アンダーソンで、脚本がウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラです。[岩蔭|]^⌒)bうふっ

この映画のメインは、フランシス・ホイットマン演じるオーウェン・ウィルソンです!「(´へ`;ウーム

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
オーウェン・ウィルソン (フランシス・ホイットマン)、エイドリアン・ブロディ (ピーター・ホイットマン)、ジェイソン・シュワルツマン (ジャック・ホイットマン)、バーベット・シュローダー (機関士)、ビル・マーレイ (ビジネスマン)、アンジェリカ・ヒューストン (シスター・パトリシア・ホイットマン)、クマール・パラーナ (年老いた男)、ナタリー・ポートマン (ジャックの元恋人)、イルファン・カーン (神父)、カミーラ・ラザフォード (アリス(ピーターの妻))って感じですね。(-ι- ) クックック

移動撮影が、対象を追って動くというより回り舞台的な効果を

狙っていて、特徴。



こっちで何かしていて、それであっちのほうは

…、というふうに、対象以外にヨソミを

するような移動やパンなの。





横に長い列車を行ったり来たりする、

そのキョロキョロしている感じがちょっと面白い。



インドでの子どもの葬式が終わって、

帰りのバスを待っているところ、90度のパンで

、前方、横手、後方、とキョロキョロ見晴らす。



でそれがなんだ、と言われると困るけど、

ちょっと面白かった。



しかしあくまで「ちょっと」なので

あって、一本の映画としては、私に

は物足りなかった。



それぞれ疑心を抱きながらインドを

旅する三兄弟って設定はまずくなく、

もっと愉快に作れそうなのだが、下手に

突っ込むよりオシャレにまとめるほうを

狙う監督らしく、トボケた味の笑いを

つないでいくだけ。



でも最近の傾向ってこれなんだよね。



サラサラした触感を重視する。





やたらはしゃがれるよりはいいけど、

物足りなくもある。

でも好みの時代の変化じゃ仕方がない、

とも思う。



エンディングの「オー・シャンゼリゼ」は

、冒頭の短篇にまたつながっている、

と考えていいんでしょうか。





ビル・マーレーは日本からインドと、

ここんとこアジアを歴訪しているようだ。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

麻雀の役って一杯ありますよね〜(*'-'*)エヘヘ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は大三元に焦点を当てたいと思います!!ヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪


麻雀における大三元(ダイサンゲン)とは、

三元牌(サンゲンハイ)のことごとくのコーツ(槓子)をつくる役満です。


【麻雀役満 『大三元(ダイサンゲン)』 の特徴と条件】

★ 鳴いても役満でしょう


● 三元牌(さんげんはい)を使い、コーツ(槓子(カンコ))を3つ揃える
● アタマと残り1メンツは、どの牌を使ってもよい
● 残り1つのメンツは、シュンツかコーツ(槓子(カンツ))のどちらでもよい
● チー・ポン・明槓してもよい


《 ポイント 》

三元牌(さんげんはい)を2つポン・ミンカンしている人に、
残りの三元牌をポン・明槓(ミンカン)させてしまうと、「責任払い」する必要が出てきます。ヾ(>▽<)oきゃはははっ!



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

大三元(出現割合:0.039%)
手牌の偏り方によっては早上がりの延長線上で狙うことができる唯一の役満。
もちらん、白發中を2枚ずつ持っていたとして、鳴けるのは通常は2回まででどうしても小三元になりやすいが、DORA麻雀ではパオ(責任払い)が実装されていないので、ラスのプレイヤーはどんどん突っ込んでくる可能性も十分にある。
逆にこっちがラスで2位狙い、1位狙いの時に大三元の気配がある相手がいたとしても、オーラスならば引く必要性はDORA麻雀では通常の麻雀よりも要素は少なくなる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー



DORA麻雀の実践記

今晩はこの辺で
しっかし今日はお腹が痛いなあ
お休みなさいオヤスミ (*~¬~*)/。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆



おすすめ記事




posted by Claude at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。