2014年04月18日

映画「パシフィック・リム」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 73 $の負け

本日は昼過ぎくらいからやや快晴だって(´0ノ`*)オーホッホッホ!!

天気がいいなら飲みに出てみよっと( ̄ー ̄)ニヤリ( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤリ( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤリ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ここの所映画一筋な感じなのでお勧め映画の感想を紹介していきたいと燃えております!!!!川 ̄ー ̄川 ワンレンニヤリ

はい??お前の感想は?
という突っ込みはスルー( ^_^)/▼☆▼\(^_^ ) カンパーイ


本日は「パシフィック・リム」の感想を紹介しようかと思っています!ニャハハハ!!ヾ(▽^ヾ)ヾ(  ̄▽)ゞニャハハハ!!


この映画が作られた年は2013年です!

監督はギレルモ・デル・トロで、脚本がギレルモ・デル・トロです。(▼∀▼)ニヤリッ

この映画でメインで出てくる人はチャーリー・ハナム (ローリー・ベケット)やイドリス・エルバ (スタッカー・ペントコスト)です!(・x・ ).o0○

取り敢えず、この映画の出ている人列挙するとチャーリー・ハナム (ローリー・ベケット)、イドリス・エルバ (スタッカー・ペントコスト)、菊地凛子 (森マコ)、ロン・パールマン (ハンニバル・チャウ)、芦田愛菜 (森マコ(幼少期))、クリフトン・コリンズ・Jr (テンドー・チョイ)、ロバート・メイレット (アレクシス・カイダノフスキー)、バーン・ゴーマン (ハーマン・ゴットリープ博士)ってな感じ。ワーイ!!\(o ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o)/ワーイ!!

映画館3D吹替での鑑賞。



 いまどき怪獣?ないわーと思いつつも、

やっぱり見たくて行ってきました。





 怪獣やべぇ、つええ、でけぇ、反則! 昭和時代の怪獣と言うイメージより、

モンスターハンターに出てくるモンスターのイメージで

す。



 ロボットも変にツルテカしてなくて、

つぎはぎ感と無骨なデザインが良かったで

す。



怪獣に勝てそうだけど負けそうな気もする絶妙なデザインが

いいですね。



 怪獣VSロボットと言う時点で、

設定云々に物言うのは野暮なので、

そこら辺は考えずに素直に楽しめました。



 ちょっと後悔したのは、初3Dだったので

、そちらの違和感を感じたのが残念で

した。



 動きが早く切り替わりが激しいシーンが

あるのに3Dが相まってわしゃわしゃして見づらいシーンが

あったり、薄暗い中での戦闘が結構ある上に

眼鏡のため明度が落ちて更に見辛く感じるなど。





 途中2Dが良かったかなと思ったり。





ただ3Dならではの迫力もあるので

、2Dor3Dは難しい選択ですね。



 菊池さんはキャラ設定というか脚本が

微妙な感じ。

屈強なのか優しいのか、両方なんで

しょうけど、その中でどっちつかずの演技に

なってたように感じました。



 愛菜ちゃんは良かったですね。

最初出てきたシーンでは鳥肌たちました。





 吹き替えは個人的に三ツ矢さんだけ違和感ありました。



張り切り過ぎ感半端ない。



 最後に・・・内容が内容だけに興味ない人に

は薦めづらいです。



無理に彼女とか誘ったらドン引きされそうな・・・ ただ、

怪獣とかロボットと聞いて、ピクッと反応してしまう人は

一度見てもいいかなと。



 深く考えずに怪獣VSロボットの設定を

楽しむ映画だと思います。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

麻雀の役って一杯ありますよね〜ワーイ ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は純チャンを説明したいと思います!!!(⌒∇⌒)キャハハハ!!


純チャンというのは最近出てこない役の一つですよね。
ここでは、先生役の寺島と生徒役の亀梨のお二人に出てきてもらいましょう。



・すべての面子に1・9が絡んでいる(チャンタの字牌なし)
・チー・ポン・明槓すると3ハン→2ハンに下がる
・混全帯公九とほぼ同じ 捨牌から手を読まれやすい

    

寺島『チャンタ」の字牌なしだと思えば簡単です。
「純全帯公九(純チャン)」の「ジュン」は漢字で「純粋の純」ですから、
字牌が混じっていないと覚えるのがいいです。
ただ、作るのはこっちのほうが難しいです(・Θ・;)アセアセ…』

亀梨『ポンやチーをすると点数が3ハンから2翻に下がるわけか…』

寺島『混全帯公九とジュンチャンの両方にいえることですが、
非常に弱点も多い役ですので、作戦的な部分も紹介しましょう。

まず混全帯公九(ちゃんた)/ジュンチャンを狙おうと思えば使いやすいといったものを捨てないといけません。

本来は手に残す牌を序盤から捨てますので、
捨牌がものすごく偏るのは弱点ですね。

相手に混全帯公九、純チャン(ジュンチャン)を狙っているのがまずばれると思ってください。

それにこの手をあがろうと思えば、
中盤以降になっても真ん中「4」「5」「6」あたりの危険牌でも捨てなければいけません。

ロンされる確率も高いので注意が必要です。そういった意味で難しいです。

プラスして、最後のほうにやといった、ピンポイントで引いてこないといけない、
両面待ちに出来ぬ難しい待ちが残る傾向が高いんで、
この意味でも難しく不利な部分も大きいです。』

亀梨『ポンやチーせずに埋めるのは難しいのか…。けど、ポンやチーすると点数が下がるんですね、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ`』


寺島『ポン・チーしてのチャンタとか難しいわりには1翻しかありません…
難易度と点数のバランスがちょっと悪いですよ。

近年は特になど「5」を持っているだけで1翻のドラになるんです赤入り麻雀の影響もあって、
役の難易度のわりには点数として報われない感じがするんだ。

混全帯公九・ジュンチャン手では、この赤ドラが使えません…。』


亀梨『ポン・チーしてチャンタ作るのとを1枚持ってるのが同じ点数なんだな。

だったら真ん中の数字使えなくなるリスクを払ってまで無理に狙う必要もなさそうだよな。』


寺島『そういったイメージもあります。
制限されてしまうことが多いわりに点数低いみたいな…。

さらに途中で他の役に変化させようと思っても難しいんですよね。

ポン、チーして混全帯公九(チャンタ)やジュンチャンを狙うと、もう上がるルートはそこしか残らないみたいな。


あたりがドラだった場合も、わざわざドラを諦めてまで狙うなら、
もうドラを持ってるだけでいいんじゃね? みたいな。危険も多いですしね。

赤ドラなしの麻雀では意外に存在感を発揮します。

そろった手の形は美しく、ビシっと決まればかっこいいため、ファンも多い役ではあるんですけどね。』


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


映画「キューポラのある街」の感想 & DORA麻雀の役「國士舞双」

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

純チャン(出現割合:0.38%)
全ての順子、暗子、雀頭が一・九が含まれる手。手の上がりにくさは役満以上の割に、三飜は少し微妙だと感じる。しかも他の役との複合も基本的には望めず、それでいて4,5,6を全て切っていくのでリスクも非常に高い。
しかしその頻度と見た目から役自体の人気も高い。従来のオンラインゲームなら少し偏れば狙いに行こうか迷う場面もシバシバあるが、お金がかかっているDORA麻雀では少し厳しいか?

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。(ーー;).。oO(想像中)


今から4時間後にはついに待ち焦がれた河合予備校の友だちとの麻雀です。
楽しみだ柱| ̄m ̄) ウププッ



おすすめ記事




posted by Claude at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。